Twitterフォローしてね♪→→ TwitterへGo!

栗色のスカーフ・杉原爽香43歳の秋

待ちに待った栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋) (光文社文庫)の電子書籍が出ましたので、DLして読みました♪

杉原爽香シリーズが始まった時から読んでますので、もうかれこれ28年くらいですか?1988年からだから、そうですね。
毎年毎年、秋の楽しみの一つでもあります。

杉原爽香が毎年ひとつ歳をとるのと一緒に、自分もひとつ歳をとります。

昔からたくさんの本、特に小説やサスペンスものを読みましたが、一番楽しみにしていて一番読み進めるスピードが速いのが、杉原爽香シリーズです。
とても読みやすいんですかね~。なんやろう。この毎年読みたくなる、楽しみにさせる魅力は。

犯人、私はなかなかわかりません。

山村美紗の本や赤川次郎の他のシリーズは、割とすぐに犯人がわかるんですけど、杉原爽香シリーズは結構外れます、私。これも面白い理由の一つなんですかね。

常連の登場人物に殺し屋がいまして、最初はまんまとその殺し屋が犯人かと思ったんですけど、いい人やったりして、意外なところで楽しめました。

最近は、電子書籍でも読めるようになりましたので、できるだけいつでも読めるように・紙を増やさないということで、電子書籍で購入しています。
ただ、電子書籍は発売してすぐに電子書籍化されていないので、すぐに読みたければ紙版を買わないといけません。
去年は、すぐに電子書籍があったと思うんですが、今回はなかなかでした。人気シリーズだと思うので、紙版と一緒に電子書籍も発売してほしいものです。

[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%8E%9F%E7%88%BD%E9%A6%99″][/blogcard]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる